前へ
次へ

営業求人に応募して転職するために大切なこと

新卒で就職したもののより良い環境を求めて新しい職場を探すケースも多く見られますが、営業求人に応募して転職するにはまず営業職の特徴について知ることが大切です。
営業職は商品やサービスの提案を通じて顧客の様々な要望に対する仕事で、業界を問わずビジネスの最前線で活躍する存在という特徴があります。
営業求人に応募し採用された場合の基本的な仕事の流れとしては、最初に顧客との商談アポイントを取り実際に訪ねて具体的な要望や課題のヒアリングを行います。
顧客の要望に従って最適な商品やサービスを提案し、受注・納品後はアフターフォローをしつつ新たな提案を行うのが一般的です。
営業求人の内容は企業によって異なりますが、法人営業や顧客営業など顧客のタイプの他にも商品・サービスの特性やアプローチ方法などで分類できます。
法人営業とはBtoBとも呼ばれており一般企業や学校の他にも病院や福祉施設、国や地方公共団体など法人・団体を対象にした商品・サービスの提案を行います。
個人営業はBtoCとも呼ばれており消費者を対象とした住宅やマンション、リフォームや保険、教育サービスなどの提案を行うのが一般的です。
商品・サービスの特性は有形・無形で分類でき前者には住宅やパソコン、機械製品や自動車などがあり量産品を販売する場合だけでなく注文住宅などオーダーメイドな商品を販売する場合もあります。
後者には保険や広告、人材サービスやITシステムなどがあり顧客の要望を聞いた上で自社の商品・サービスを利用した適切な解決策を提案します。
営業のアプローチ方法は新規開拓とルートの2種類に分類でき、前者はこれまでに取引のない顧客に対して新たなアプローチするためアポイントの獲得から始める必要があります。
後者は既に取引のある顧客をフォローする仕事で、何度も訪問を重ねて信頼関係を育て継続的な受注や取引の拡大を目指します。
営業求人に応募して転職したいのであれば、まず営業職の内容をしっかりと理解した上で採用後の活動を具体的にイメージできるようになることが大切です。

none

Page Top